Home > Uncategorized > Pallalelsを使ったVagrantのCentOSにChefでphpをインストール

Pallalelsを使ったVagrantのCentOSにChefでphpをインストール

タイトルの日本語があっているか不安だが、やりたいことは伝わるはず。。。。

手順

1. phpのレシピを作成

knife cookbook create php -o site-cookbooks

今回はソースコードからコンパイルするパターン。php downloadのサイトから最新版のPHPソース(php-5.5.8.tar.gz)をダウンロード。

ダウンロードしたソースはsite-coookbooks/php/files/defaultに保存。

default.rbにレシピを記載

%w(gcc make git libxml2 libxml2-devel).each do |pkg|
    yum_package pkg do
        action :install
    end
end

cookbook_file "/tmp/php-5.5.8.tar.gz" do
    source "php-5.5.8.tar.gz"
end

bash "install php" do
    not_if "ls /usr/local/php-5.5.8"
    cwd "/tmp"
    code <<-EOH
        tar zxvf /tmp/php-5.5.8.tar.gz
        cd /tmp/php-5.5.8
        ./configure --prefix=/usr/local/php-5.5.8
        make
        make install
        ln -s /usr/local/php-5.5.8/bin/php /usr/local/bin
    EOH
end

2. PHPレシピを実行して動作確認。

実行結果をnodesのjsonファイルに記載して、knifeを実行

サーバで

php -v

でバージョン確認できればOKでしょう。

参考URL

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > Uncategorized > Pallalelsを使ったVagrantのCentOSにChefでphpをインストール

Search
Feeds
Meta

Return to page top